<<07  2009,08/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぼくの仕事術(1)
聞かれて何が困るって、
「いまどんなことしてますか?」
って質問。

即答できないんです。
自分がいま何をしているのか、
全部をすぐに思い出せないのです。

複数のことを同時にやっているし、
見た目、全然関係なさそうなことを
いくつもやってます。

だいたい、その場に合いそうで
思いついたことを答えるけど、
なんか自分のことをうまく説明できてない。
はがゆい思いをしてます。


ぼくが仕事を選ぶ基準はこうです。
まず、なんといっても楽しいこと、
そして、意義を感じること。
そのうえで、
まだ誰もやってないこと、
ちょっとがんばる必要があること、
だったらベストです。

まあ、社会人をしていると、
やりたくない仕事、
「こんなことして何になるねん!」と思う仕事も、
たくさんしなくちゃいけないけどね。


そして、最低でも10、
できれば20くらいの仕事を
同時進行させます。

いろいろな種類や段階の仕事を、
組み合わせるのがポイントです。

幸運な発見がいる仕事(Aタイプ)と、
やればやっただけ、確実に成果があがる仕事(Bタイプ)と、
ほんとうはやりたくない仕事(Cタイプ)。

研究者としての本命はAタイプなんだけど、
確実に成果があがるわけじゃあない。
そこで一種の「保険」として、
Bタイプの仕事を組み合わせるのです。

Cタイプの仕事はしないのが理想だけど、
組織人としてはそうもいかないので、
そこは割り切る。

そして、
準備段階の仕事と、
いまガンガンやっている仕事と、
煮詰まってペースダウンしてる仕事と、
まとめ段階に入っている仕事と、
むかしの仕事のフォローアップ、
これらを取り合わせます。


この「パラレル仕事術」を3年もつづけていると、
何かの成果がとぎれることなく出るようになります。
スポンサーサイト

テーマ : 仕事のヒント☆
ジャンル : 就職・お仕事

プロフィール

やまだしょうじ

Author:やまだしょうじ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
522位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
社会科学
19位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。