<<03  2012,04/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大学教科書の返品:ハーバード生協のやり方
今月からハーバード大学に来ていて、
1年間こちらにいる予定である。

さて、ハーバード生協の書店に、
ちょっとびっくりのシステムがあることを知った。

それは、教科書指定されている本は、
買ってから3日以内なら、返品可能ということだ。

ただし、本を損ねていないことが条件。

いまどきのことだから、
買った教科書を折り目を付けないようにして自炊して、
終わったら返品ということも可能だろう。
(PDF化ができるコピー機は、そこらじゅうにある。)

ハーバードの学生は裕福な家庭の子が多いし、
ある程度モラルもあると思うので、
そんなことをする不埒なやつは、いないのだろう。

だけど、勉強をしたいけどお金がない学生にとっては、
教科書を自炊して返品というのは、魅力があるだろう。

お金がないから教育を受けられない、
教育を受けられないからお金がないという、
貧困が世代を越えて固定してしまうことから逃れるためには、
教科書の自炊→返品や、自炊ファイルの交換などは、
必要悪だといえるかもしれない。

ちなみに、ベトナムの某大学の近くには、
教科書のコピーを格安で売る店があった。


学期が終わったら教科書を最高50%の値段で買い取るという仕組みも、
ハーバード生協にはある。

日本の大学生協も、見倣ってみてはどうかと思うが、
きっと出版界がだまっちゃいないやろうね。
スポンサーサイト

テーマ : 文明・文化&思想
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

やまだしょうじ

Author:やまだしょうじ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
400位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
社会科学
17位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。