<<04  2012,05/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10年後のグラウンド・ゼロ
CIMG1460.jpg

テロがあったとき、この場所は10年後どうなっているかと、同僚と話したことがある。

そんなの観光地になるに決まっている、というのが結論だったが、
さすがにあの頃は、そんなことを公言はできなかった。

10年経ってみたら、やはり観光地になっていた。

ビルのあった場所に作られた滝の周囲には、
犠牲になった方々のお名前が刻まれている。

日本人らしき名前も、とくべつ探さなくても、いくつも目に飛び込んでくる。

厳粛な慰霊と、アメリカのナショナリズムと、物見遊山の観光と、
これらがみんな混ぜ合わさった場所として、
ここは存在しつづける。
スポンサーサイト

テーマ : アメリカ旅行
ジャンル : 旅行

アメリカ生活で「これはないな」と思ったもの
・寿司屋でシャリに芯があった。

・魚屋で魚をおろしてとお願いしたら、包丁使わないで、はさみでちょきちょき。

・注文して出来上がった名刺の箱を、店員がレジに投げて渡した。

・買った携帯電話の箱をびりびりにやぶき、セッティングが終わったら入っていたものをテキトーにつめこんで、ぱんぱんになった箱を「はいどうぞ」。

・ドアが半分開かない地下鉄を、そのまま走らせている。

・客とキャビンアテンダント(CA)の会話:
客:(CAから配られた朝食の箱を指して) What's inside?
CA: I don't know.

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

違法ダウンロード罰則化 拙速な刑事罰化に危うさ(記事転載)
以下は、共同通信社からの依頼で執筆し、4月20日に配信していただいた記事です。同社の了承が得られましたので、ここに転載します。確認できた範囲では、4月21日の山陽新聞と、同29日の高知新聞に掲載されています。(一部に誤謬があったので6月2日に訂正しました。)




「違法ダウンロード罰則化 拙速な刑事罰化に危うさ」
山田奨治

 民主党や自民・公明両党が、今国会で著作権法を改正して、ネットに違法にアップロードされた音楽・動画ファイルだと知りながらダウンロードした者に、懲役などの罰則を科すことを検討している。「違法ダウンロードはCDやDVDを盗むのと同じで、窃盗には刑事罰がある」というのが改正論者たちの論理だ。

 だが、この論理には無理がある。著作権は、土地や物になぞらえて考えられた疑似的な所有権で、それら有体物の所有権ほど強いものではない。著作物の利用がもたらす便益と、著作権者保護のバランスのうえに認められた権利だ。したがって、保護が強くなり過ぎる場合は、著作権は制限される。

 いまの著作権法では、仮に違法なファイルのダウンロードでも、私的使用のためならば刑事罰までは科さない原則をとっている。仮に捜査するとなれば、個人が所有するパソコンに保存されたデータや通信記録を調べる必要があり、家庭の中にまで公権力が強く及ぶ危険性を避けるための配慮といえる。著作権を侵害したファイルのダウンロードが2010年に違法化された際も、法改正の妥当性を検討した文化審議会の小委員会で、その原則が確認されている。

 それから2年しかたっていない。10年の法改正では、違法なアップロード行為に刑事罰が科されることにもなったが、効果はどうだったのか。違法行為で大きな損害を受けていると主張する、音楽などのコンテンツ産業の売り上げは変化したのか。そういった点の検証結果を明らかにせず、今度はダウンロードに刑事罰を科そうとするのは拙速というしかない。

 今回の法改正案には危うさがある。憲法で保障された「通信の秘密」を侵さずに捜査できるのか。警察の権限が強くなりすぎはしないか。合法・違法双方のファイルが混在するネットから無意識にダウンロードした個人、とりわけ青少年の責任をどこまで問えるのか。何が違法か分からない状態になれば、消費者が合法なネットサービスの利用までも敬遠しないか。

 今回の問題点は、法改正に向けて政界が動きだすに至る道筋が不透明で、音楽・映像業界の意向のみが反映された形になっていることにもある。議論が各党内や政党間の水面下の交渉で進められ、国民に対する説明が何もないまま法改正されようとしている。

 違法ダウンロードによって、コンテンツ業界に被害が出ていることは確かだろう。しかし、そういった行為がはびこる背景には、音楽や映像を視聴する若者らのコンテンツ利用形態が根本的に変化していることがある。限られた所得の範囲でより多くの作品に接し、デジタル機器を駆使した二次創作をも楽しみたい。例えば、そんな要望に応えるネットサービスを合法的に提供できないのか。政治家も業界も、「違法は違法」と切り捨てるのではなく、消費者との対話の回路をもっと開いてはどうだろうか。

テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 学問・文化・芸術

ハーバード大の情報環境
今日はハーバード大の情報環境のことを書いておく。

まず、広いキャンパスの、どこへ行っても、屋外でも無線LANがつながる。
ユーザーIDとパスワードは一元的に管理されていて、
一度登録しておけば、どこでノートPCを開いても、
すぐにネットにつながる。

学内のいたるところに、無料でネットが使えるPCがある。

図書館でPDFが作れて、サーバーに転送できることはすでに書いた。

ネットでのシラバスの検索や、コースのスケジューリング、履修登録くらいはまあ、
いまどき珍しくないだろう。

驚いたのは、学生も教員もタダで使える有料ソフトがダウンロードできることだ。
ただし、ネットでキーサーバーにつないでいないと、起動ができなくなっている。
使えるソフトをざっとメニューから拾ってみると、

Adobeの各種ソフト
アンチウィルス
ChemBioDraw
Endnote
Igor Pro
LabVIEW
LANDesk Survey
Logger Pro
Maple
Mathematica
Matlab
Minitab
SPSS
Stata MP
WinEdt

太っ腹というか、けっこう金目のソフトもある。
というか、高い学費に込みなんだろうけど、
ぼくのようなタダで居候している客員身分には、おいしい。

試しにEndnoteを使ってみた。
無料なのはありがたいけど、
キーサーバーにつなぐクライアントソフトに問題発生。
何もしてないのに、気が付いたらCPUを半分くらい喰っている。
どうにも気持ち悪いので、使用をあきらめた。

まあ、ソフト会社にしてみれば、
学生のあいだに馴染んでおいてもらえたら、
なにせハーバードだし、
卒業したら経営者になって、大口顧客になってくれるかもしれない。
将来への投資と宣伝と思えば、かなりのディスカウントもあるだろう。

学生にしてみれば、
LabVIEWやSPSSが使えたら、就職にすぐに役に立つ。

こうやって、恵まれた学生とそうでない学生とで、
格差がますます広がっていくのか。

テーマ : 研究者の生活
ジャンル : 学問・文化・芸術

ボストンの地下鉄は楽し
CIMG1021.jpg

ボストンには地下鉄が何本か通っている。
そのなかでも、グリーンラインは楽しい。
ご覧のとおり、路面も走れる車高の低さ。
ホームが低いので、線路を横切って向こうのホームに行くこともできる。
(いちおう禁止だけど。)

鐘をカンカン鳴らしながらホームに入ってきて、
急発進、急停車、急なカーブなどスリルがあって、
まるでディズニーランドの乗り物みたい。

こちらの地下鉄には時刻表がない。
テキトーな間隔で走っているので、
列車のあいだが詰まってきたら、
駅のまえで無駄に止まっている。
まだ経験はないが、たまに駅をすっとばしたりするそうだ。

車掌さんが次の停車駅を言い間違えることもよくあるし、
間違っても訂正はない。

車内に自転車を持ち込んでもいいし、
ペットの犬だってOK。
(犬のお小水が臭っていたことがあった。)

ドアが半分開かなかったり、車両から変な音がしていても、
そのまま運行している。

ロンドンほどではないが、
工事のためのバス振り替えもある。

こんないいかげんで事故はないのかと思うが、
そういうものだと思えばあまり気にならなくなってくる。

日本がきっちりし過ぎなんだよね。

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

プロフィール

やまだしょうじ

Author:やまだしょうじ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
429位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
社会科学
14位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。