<<01  2013,02/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  03>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
One Shot. One Lifeという弓道映画
One Shot. One Life(一射絶命)というドキュメンタリー映画が製作中だそうだ。

最近トレイラーが公開された。

何というか、こういう「神秘の国・日本」みたいな演出は、いい加減やめてほしい。

実は昨年の春に、この映画の製作者から、
インタビュー収録の打診があったんだけど、
こちらはアメリカに居て、向こうは日本に居て、
すれ違いになってしまった。

ぼくの本をちゃんと読んでないんじゃないの?と不安があったんだけど、
その後何も言ってこなくなったところをみると、
Shots in the Darkをぱらぱらめくって、
ぼくとは気が合わないと、思い直したのだろう。

お互い、無駄な時間を使わずにすんで、よかったのかもしれない。
スポンサーサイト

テーマ : 文明・文化&思想
ジャンル : 学問・文化・芸術

「ブリザード2013」襲来中
CIMG4437.jpg

昨晩(8日)から暴風雪にみまわれている。

これはノー・イースター(Nor'easter)という、
アメリカ北東部に特有の気象現象で、
だいたい年に1~2回、強い北東風と大雪をもたらす。

ノー・イースターのなかでも何年ぶりかの強いのがやってくるというので、
マスコミ各社は「ブリザード2013」と銘打って、
NECNなどは日中ぶち抜きで特番報道をしている。

ハリケーン・サンディの記憶がまだ残っているので、
スーパーは食料品を買い求めるひとびとでごったがえし、
棚の商品がだいぶなくなっていた。

ちょっとした、パニック買いだ。

横殴りの雪といっても、雪質がさらさらなので、
室内からみていると雪がふわふわ舞っているようにみえるけど、
外はマイナス7度、体感マイナス16度なので、
雪山のような状態だ。

マサチューセッツ全域に緊急事態が宣言されているので、
緊急車両以外は道路を走っていない。

CIMG4432.jpg

ただ、雪さえ止めば、すぐに車も通れるし、出歩けるようになる。
というのも、雪が積もれば写真のような装備の車(Snowplow Truck)がすぐにやってきて、
脇道まできれいに除雪して、車の後部から融雪剤をまいていってくれるのだ。

少しは雪景色を楽しみたいのに、味気ないくらいすぐに雪をどけてしまう。

豪快に雪を蹴散らしながら走っているような、
Snowplow TruckのCMも流れている。

歩道のほうもまた、住民に自分の家の前を除雪する義務があるらしく、
あっというまに雪をどけてしまう。

聞いたところによると、雪の残った歩道ですべってケガをすると、
そこの前の家の住人を訴えることができるそうだ。

雪かき専用の、幅の広いプラスチック製のスコップのようなものがスーパーで売られていて、
こちらのひとはそれをSnow Pusherと呼んでいる。

アメリカでは雪は「かく」ものではなく、「押す」ものなのだ。

たしかに雪かきの様子をみていると、Snow Pusherで雪を押している。

「かく」のか「押す」のか、
これも文化だね。

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

イケア効果(IKEA Effect)とは
ネットラジオで「イケア効果」(IKEA Effect)のことを聞いた。

IKEAの家具のように、自分の労働が加わったものは、
たとえそれが不格好なものであっても、
ひとはこよなく愛するようになるという理論だ。

ただし、それにはマイナスの効果もあって、
イケア効果にはまってしまったひとは、
自分の労働の成果を客観的にみることができなくなってしまう。

自分が作ったビジネス・プランや制度、
開発した製品なんかが大事になってしまい、
若い世代の優れたアイデアを育てることを邪魔するようになる。

管理職世代にありがちだよね。

Norton et.al. "The IKEA Effect": When Labor Leads to Love.

テーマ : 文明・文化&思想
ジャンル : 学問・文化・芸術

恵方で迷った話
昨日は節分ということで、日本を懐かしんで、
恵方巻きを食べようということになった。

今年の恵方は南南東ということで、
iPhoneのコンパスで方位を確認しようとしたら、
「磁北」「真北」のモードを選べるようになっている。

試しに両方で計ってみたら、ボストンでは15度もずれるではないか。

考えてみたら当たり前だけど、
地球上のどこに居るかによって磁気偏角が違うのだ。

日本だとせいぜい10度以内の差だから気にならないけど、
15度も違ったら、南南東と南東くらいの差はでてしまう。

恵方は磁北を使うのか、真北を使うのか、
両説あるみたいで、調べてもはっきりしない。

どうしよう?と悩んでいたら妻が、
「ちょっとくらい方位がずれてたって、かまへんやん。」

それもそうや。

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

アメリカ人とフットボール
スーパーボウルが昨晩あって、アメフトのシーズンが終わった。

このスポーツがアメリカ人にとって特別なものだということが、よくわかった。
日本にはこれに匹敵するようなプロスポーツはないだろう。
スーパーボウルは、国民の大部分がチップスを食べながらテレビにかじりつく。
あえてたとえるなら、みかんを食べながらテレビにかじりつく、
全盛時代の紅白歌合戦みたいなものか。

日本ではアメフトをみることはまったくなかったが、
こちらへ来てから、最低限のルールと楽しみ方ぐらいはわかるようになった。

なぜそうなったかというと、
地元のペイトリオッツがスーパーボウルの一歩手前まで勝ち進んだこともあるが、
無料のテレビ放送でみられるプロスポーツが、
ほとんどアメフトだけだったことが、最大の理由だ。

野球、バスケ、アイスホッケーは、有料放送でしかやってない。
それに対してアメフトは、試合のある日曜の午後は、
各局がいろいろなカードを流している。
それに加えて土曜日はカレッジフットボールがあるので、
シーズン中の週末の午後は、テレビをつけていたら
自然にアメフト漬けになるのだ。

----------(3月に追記)
アメフトシーズンが終わると、バスケやアイスホッケーも無料放送でやるようになりました。
----------

昨日のスーパーボウルでも、CBSは無料地上波だけでなく、
ネットのストリーミングでもマルチアングルの映像を中継していた。

テレビとネットの垣根がいぜんとして高い日本とは、雰囲気が違う。

それにしても、スポーツを無料で放送することは、
新たなファンを獲得するためには、このうえなく有効だ。

おかげで、ぼくのような外国人にもアメフトの面白さがわかったけど、
バスケやアイスホッケーの試合は、一度もみることもなく、
帰国することになりそうだ。

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

プロフィール

やまだしょうじ

Author:やまだしょうじ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
591位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
社会科学
26位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。