<<01  2013,02/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  03>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ブリザード2013」襲来中
CIMG4437.jpg

昨晩(8日)から暴風雪にみまわれている。

これはノー・イースター(Nor'easter)という、
アメリカ北東部に特有の気象現象で、
だいたい年に1~2回、強い北東風と大雪をもたらす。

ノー・イースターのなかでも何年ぶりかの強いのがやってくるというので、
マスコミ各社は「ブリザード2013」と銘打って、
NECNなどは日中ぶち抜きで特番報道をしている。

ハリケーン・サンディの記憶がまだ残っているので、
スーパーは食料品を買い求めるひとびとでごったがえし、
棚の商品がだいぶなくなっていた。

ちょっとした、パニック買いだ。

横殴りの雪といっても、雪質がさらさらなので、
室内からみていると雪がふわふわ舞っているようにみえるけど、
外はマイナス7度、体感マイナス16度なので、
雪山のような状態だ。

マサチューセッツ全域に緊急事態が宣言されているので、
緊急車両以外は道路を走っていない。

CIMG4432.jpg

ただ、雪さえ止めば、すぐに車も通れるし、出歩けるようになる。
というのも、雪が積もれば写真のような装備の車(Snowplow Truck)がすぐにやってきて、
脇道まできれいに除雪して、車の後部から融雪剤をまいていってくれるのだ。

少しは雪景色を楽しみたいのに、味気ないくらいすぐに雪をどけてしまう。

豪快に雪を蹴散らしながら走っているような、
Snowplow TruckのCMも流れている。

歩道のほうもまた、住民に自分の家の前を除雪する義務があるらしく、
あっというまに雪をどけてしまう。

聞いたところによると、雪の残った歩道ですべってケガをすると、
そこの前の家の住人を訴えることができるそうだ。

雪かき専用の、幅の広いプラスチック製のスコップのようなものがスーパーで売られていて、
こちらのひとはそれをSnow Pusherと呼んでいる。

アメリカでは雪は「かく」ものではなく、「押す」ものなのだ。

たしかに雪かきの様子をみていると、Snow Pusherで雪を押している。

「かく」のか「押す」のか、
これも文化だね。
スポンサーサイト

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

プロフィール

やまだしょうじ

Author:やまだしょうじ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
665位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
社会科学
30位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。