<<12  2015,01/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  02>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『21世紀の資本』を買う
何かと有名な新装ピエリ守山へ行って書店をのぞいていたら、
あのサイズの店にはおよそありそうもないような、
ピケティ『21世紀の資本』があった。

そのうちアマゾンで買おうかと思ってたものなので、
この際と思って、そこで買うことにした。

レジに持っていったら、係の女性ふたりが、
たぶん彼女たちがみたこともないような高い本だったのだろう、
値段の見間違いじゃないかと、驚きながら何度も確認してた。

「これは何の本なんですか?」と聞くので、
「その筋ではいま話題の本なんですよ、まさかここにあるとは思いませんでした」
「こんな高い本あるんですねえ」
とかいった話題で、レジで30秒くらい盛り上がった。

リアル書店ならではの、会話のごちそうといったところか。

さて本の中身のほうは、とても読みやすい訳文で、
翻訳のプロの仕事だと感じた。

経済学者が訳してたら、もっととっつきが悪くなってたろう。

まだ読みはじめたばかりだが、
いまのところ挫折せずにいけそうな気がする。


時間と気持ちの余裕がなくなってしまって、
ブログ更新がほとんど止まってます。
今年もあまり更新できそうにないかな。


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る
スポンサーサイト
プロフィール

やまだしょうじ

Author:やまだしょうじ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
539位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
社会科学
31位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。