<<05  2017,06/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「作りたい本」と「売れる本」
情報系の人間にあるまじきことに、
ぼくは紙の本への愛着と信頼を、いまだに持っている。

ぼくの想いや考えたことは、
最終的には書籍に固定して、
ぼくが死んだ後にも
形として残るものにしたいと思っている。

そして、できることならば、
書店にいつも並んでいて、
手にとってもらえるようにしたいと思っている。

出版は慈善事業ではないので、
ある程度の数が売れそうな本しか出してはくれないし、
書店も棚に並べてくれたりはしない。

ところが、「売れる本」ということと、
ぼくの「作りたい本」とが、
あまり一致しないようなのだ。

そこに、ここ何年かのぼくの、深い悩みがある。

いわゆるベストセラー本(小説を除く)をみると、
はっきりいって、つまらない本があまりに多い。

ぼくは、いくら売れても、つまらない本は作りたくない。

「想いのこもった本」を作りたいのだ。


紙の本として出すことへの愛着は、
もうそろそろ捨てたほうがいいのかもしれない。

そんなことすらも、思いはじめている。

テーマ : 思うこと
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

やまだしょうじ

Author:やまだしょうじ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
462位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
社会科学
19位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。