<<03  2017,04/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
国立大学法人評価の肩すかし
大学の業績評価に基づく交付金の傾斜配分額があきらかになった。
ほとんどの教職員は、やるせない徒労感につつまれている。

ぼくの勤務先の法人は、国立大学法人ではないが、似たような位置づけだ。
○百万円のプラス評価だったそうだが、
これまで評価対応に費やした労力の人件費は、
法人全体では億単位になるだろう。

評価のために莫大な労力をかけさせられたことは、
どこの法人も変わらない。

国立大学の場合、いちばん低い評価でも-800万円だから、
評価のために大いなる無駄金を使ったことになる。

その時間を本来の教育・研究に使っていたら、
どんだけ学術の発展につながったことか、わかりゃしない。

お金に換算できない損失もある。

評価をめぐる騒動のなかで、
おそらくストレスが原因で亡くなられたかたが、
ぼくが知っている範囲でも複数いらっしゃる。

霞が関のお偉いかたがたは、
こういうことを、いったいどう思ってるんだろう?

テーマ : 研究者の生活
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

やまだしょうじ

Author:やまだしょうじ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
522位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
社会科学
19位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。