<<07  2017,08/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
校正なんて嫌い!
校正という作業は、どうもすきになれない。
自分の日本語力と注意力のなさを、
思い知らされるからだ。

原稿を入稿するまえに、
表記の統一なんかは
何度も何度もチェックしたつもりなのに、
プロの校正者の手にかかると、
表記のゆれや日本語のまちがいが、
ボロボロと指摘されてくる。

「反面」のほかに「半面」ていう熟語があったなんて、
いままで知らなかったよ~。


いま校正している論文が載る学術誌は、
出版社が専門の校正会社に出してくれているので、
いつもマニアックな赤字が入ってくる。

国会図書館へ行かないとないような資料の、
原文照合までされてあって、感動したこともある。

資料名に当て字が使ってあるものなんかは、
「間違いじゃないの?」
と校正者が赤字を入れてくるけど、
「当て字が正しいんだよー」
と指示をいれるときは、
なんか自分が学識あるひとみたいに思える。


ぼくが校正嫌いなもうひとつの理由は、
注意力がつづかないことだ。

だいたい、プログラミングがすきになるひとには、
注意力と忍耐力がいる、
比較的単純な作業が苦手なタイプが多い。
コンピュータはその手の仕事をさっと片付けてくれるので、
たのもしい相棒みたいに感じるんだ。

校正も注意力と忍耐力がいる、どちらかというと単純な作業だ。
朝一番なら1時間くらい集中できるけど、
そのあとは30分、15分、10分と、
集中していられる時間が短くなっていく。

つい、ごろんと横になったり、メールを開いたり、
ブログを読んだり書いたりしてる。

「こらー、赤ペン離すなー。」
誰か、しかってくれ。

【今日の写真】
SN3E0034.jpg
夏が過ぎてもけなげに咲いた、白い小さな木槿。

テーマ : 日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

やまだしょうじ

Author:やまだしょうじ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
530位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
社会科学
20位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。