<<03  2017,04/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ひこにゃん」対「ひこねのよいにゃんこ」落としどころは?
「ひこねのよいにゃんこ」グッズの販売を、
一転して大阪高裁が差し止めた。

このままの流れでいくと、
「ひこにゃん」的なキャラクター・グッズは、
彦根市に著作権がある3ポーズと、
原作者の絵本しか存在することが許されなくなってしまう。

これは、彦根市にとっても原作者にとっても、
ひこにゃんファンにとっても、不幸な結末だ。

「よいにゃんこ」の在庫を抱えた企業が、いちばんたいへんだろう。

みんながハッピーになれる落としどころは、
原作者が3ポーズ以外の「ひこにゃん」グッズを彦根市に許し、
彦根市はロイヤルティを原作者に支払うことではないか。

テーマ : 日本文化
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

やまだしょうじ

Author:やまだしょうじ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
522位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
社会科学
19位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。