<<02  2017,03/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  04>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
電子書籍で読んでも記憶に残りにくい気がする
自炊本をiPadで読んでいるのだが、
紙の本とくらべて、どうも内容が頭に残らない気がする。

紙の本の読書では、カバーの感じや手触り、
本の重さや本全体のどのあたりといった、
身体的な記憶とともに、
内容が記憶されているのではないだろうか。

電子書籍だとその辺の感覚が一律になるから、
読んだことが、頭のなかのいつもと違う所へ行ってしまう感じがする。

何よりも、どの本で読んだことなのかが、
なかなか思い出せないのだ。

もっとも、電子書籍なら何十巻もの全集を持ち歩くといった、
紙の本ではとうていできないことができるわけで、
検索がかけられるとかメリットもたしかにあるのだけど、
読んだことが身にならないのでは困る。

紙の本と電子書籍の読書体験の差はあると思う。

誰か脳科学か何かで解明してくれ。

テーマ : 思うこと
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

やまだしょうじ

Author:やまだしょうじ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1000位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
社会科学
42位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。