<<07  2017,08/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はボストンマラソンで「愛国者の日」でした
CIMG1010.jpg

ボストンへ来てから、18世紀アメリカ史の知識がだいぶ増えた。
『〈海賊版〉の思想―18世紀英国の永久コピーライト闘争』に書いた時代、
アメリカがどうだったのか、だんだんイメージがつかめてきた。

さて、今日はボストンマラソンの日。
アメリカの「愛国者の日」でもある。

独立戦争の開戦にあたる、
1775年のボストン郊外の「レキシントン・コンコードの戦い」にちなむとなれば、
視察に行かないわけにはいかない。

CIMG1005.jpg

ところが、今日は日中30度の異常な炎天下で、
マラソンには最悪のコンディション。

給水ポイント近くに、
ごらんのように消火栓を開けはなった水浴び場もあった。

熱中症で倒れて、担架に縛られてカートで運ばれていくランナーを何人もみた。

みなさん、おつかれさまでした。

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

ボストンへ来てから、18世紀アメリカ史の知識がだいぶ増え
プロフィール

やまだしょうじ

Author:やまだしょうじ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
517位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
社会科学
25位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。