<<04  2017,05/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハーバード大の情報環境
今日はハーバード大の情報環境のことを書いておく。

まず、広いキャンパスの、どこへ行っても、屋外でも無線LANがつながる。
ユーザーIDとパスワードは一元的に管理されていて、
一度登録しておけば、どこでノートPCを開いても、
すぐにネットにつながる。

学内のいたるところに、無料でネットが使えるPCがある。

図書館でPDFが作れて、サーバーに転送できることはすでに書いた。

ネットでのシラバスの検索や、コースのスケジューリング、履修登録くらいはまあ、
いまどき珍しくないだろう。

驚いたのは、学生も教員もタダで使える有料ソフトがダウンロードできることだ。
ただし、ネットでキーサーバーにつないでいないと、起動ができなくなっている。
使えるソフトをざっとメニューから拾ってみると、

Adobeの各種ソフト
アンチウィルス
ChemBioDraw
Endnote
Igor Pro
LabVIEW
LANDesk Survey
Logger Pro
Maple
Mathematica
Matlab
Minitab
SPSS
Stata MP
WinEdt

太っ腹というか、けっこう金目のソフトもある。
というか、高い学費に込みなんだろうけど、
ぼくのようなタダで居候している客員身分には、おいしい。

試しにEndnoteを使ってみた。
無料なのはありがたいけど、
キーサーバーにつなぐクライアントソフトに問題発生。
何もしてないのに、気が付いたらCPUを半分くらい喰っている。
どうにも気持ち悪いので、使用をあきらめた。

まあ、ソフト会社にしてみれば、
学生のあいだに馴染んでおいてもらえたら、
なにせハーバードだし、
卒業したら経営者になって、大口顧客になってくれるかもしれない。
将来への投資と宣伝と思えば、かなりのディスカウントもあるだろう。

学生にしてみれば、
LabVIEWやSPSSが使えたら、就職にすぐに役に立つ。

こうやって、恵まれた学生とそうでない学生とで、
格差がますます広がっていくのか。

テーマ : 研究者の生活
ジャンル : 学問・文化・芸術

今日はハーバード大の情報環境のことを書いておく。まず、広いキャンパスの、どこへ行っても、屋外でも無線LANがつながる。ユーザーIDとパスワードは一元的に管理されていて、一度登録しておけば、どこでノートPCを開いても、すぐにネットにつながる。学内のいたる...
プロフィール

やまだしょうじ

Author:やまだしょうじ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
400位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
社会科学
17位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。