<<09  2017,10/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
違法ダウンロード刑罰化に民自公が突き進むことに、なぜ違和感があるのか
違法ダウンロードに刑事罰を付ける、著作権法改正の修正案の件、
のびのびになっていたけど、
いよいよ13日にも衆議院文部科学委員会で採決される雲行きになっている。

これになぜ違和感があるのか、感情的な面を考えてみた。

どうみても、自公が音楽業界の言い分だけを鵜呑みにして、強引に進めようとしていること。
どうみても、国民からわき上がっている疑問の声を、多くの議員は聞こうとしていないこと。
どうみても、ネット住民の意見を、多くの議員は軽く考えていること。
どうみても、消費税法案を通すために自公の協力が欲しい民主が、改正の是非を問わずに賛成しようとしていること。

伝えられるところによると、
文科委員会では著作権法改正案(違法DL刑罰化抜き)の質疑終局後に、
違法DL刑罰化の修正案が出され、審議抜きで採決、
民自公の賛成多数で可決というシナリオが出来ているらしい。

本当にその通りになったら、委員会は茶番もいいところだ。
密室談合で法改正を決めていますと、国民の前にさらけだすつもりなのだろう。

国会議員のみなさん、あなたたちが何をするのか、有権者はみていますよ。

(それにしても、自公がなぜここまで「前のめり」なのかが、よくわからないなあ。)

テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 学問・文化・芸術

違法ダウンロードに刑事罰を付ける、著作権法改正の修正案の件、のびのびになっていたけど、いよいよ8日にも衆議院文部科学委員会で採決される雲行きになっている。これになぜ違和...
プロフィール

やまだしょうじ

Author:やまだしょうじ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
591位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
社会科学
26位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。