<<08  2017,09/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自由でも平等でもない米国
アメリカというと、まず自由の国で、
率先して平等な社会を実現してきたというイメージがあるが、
じっさいはそうでもない。

最近の経済的な格差問題は別としても、
奴隷制度が全州で撤廃されたのは、
1995年だった(つい最近!)というのには驚いた。

ここでいう奴隷制度の撤廃とは、合衆国憲法修正第13条の批准のことであるが、
最後まで残っていたのは、ミシシッピー州だったそうだ。

いま住んでいるマサチューセッツ州はリベラルな土地柄であるが、
それでもタクシーの乗車拒否にあって、
タクシー会社を訴えてやると怒っていた黒人をみた。

不動産の情報サイトには、近隣の白人率が堂々と掲載されている。

男性よりも低い賃金しか支払われなかった女性を救済する、
「リリー・レッドベター公正賃金法」
をオバマの民主党が成立させたのは、昨年のことだった。
それでも共和党の保守層は、いまだにこの法律に大反対だし、
先の選挙でもロムニーは同法を支持するとはいわなかった。

マイノリティーにとっては、まだ自由が制限されているのはさておき、
アメリカ社会には成人に期待される行動規範がいろいろあって、
決して何でも自由の国とは言い切れないところがある。

たとえば、子どもの目につくところにポルノやアルコールを置いてはいけないとか、
男性にとっては、公共の場所では女性・子どもは絶対優先であるとか、
アメリカ国歌が聞こえてきたら、立ち止まって胸に手を当てなければいけないとか、
そこらへんは、日本社会のほうが自由度が高いと感じる。

もっとも、自由は独立宣言を起草した白人の発案ではなく、
彼らは自由とは何かをネイティブ・アメリカンから学んだという話もある。

その後、白人がネイティブ・アメリカンをどう扱ったかをみれば、
自由や平等を極めて利己的に解釈したのはあきらか。

アメリカ流の自由や平等というものは、
いまでも白人男性が主役で、しかも制約付きの部分がないとはいえない。

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

プロフィール

やまだしょうじ

Author:やまだしょうじ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
633位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
社会科学
30位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。