<<08  2017,03/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TPP知財分野で多数派を形成する方法を考えてみた
TPPの新しいリーク文書が出た。
(邦訳は@fr_toenさんのブログにある。)
2013年11月19〜24日にソルトレーク・シティーで行われた
首席交渉官会議のときの資料のようだ。

項目だけみても、関税や知財だけじゃなく、
生物多様性や気候変動まで入っていて、
別の国際機関でケンケンガクガクやっているはずの交渉を、
アメリカ基準でまとめてしまおうっていうのだから、
これが単なる経済交渉じゃなくて、
アメリカ中心の世界秩序作りだということが知れる。

ほんとうはこういうのは、全体をみて考えないといけないのだろうけど、
それはぼくの頭ではできないので、
関心のある知財に限って、
どうやったら日本が多数派を形成できるか考えてみた。
(おまえ、そんなことしている場合か!という罵声が飛んできそうだが。)

元データは上記のリーク文書にある表とする。
ただし、この表自体がかなり単純化されたもので、
実際の交渉はもっと複雑怪奇なものなので、
しかもいまの状況はもう変わってしまっているだろうから、
まあ、交渉官の苦労を知るための、お遊び程度にみてほしい。

まず、知財分野に限って、各国のポジションを主成分分析してみた。
第2主成分までの累積寄与率は72.6%ある。
(手法の詳細は、いまは省く。)

TPPIP_PCA.jpg

一見してわかるのは、アメリカとオーストラリアのぶっ飛びぶりである。

でも、これら2国を除くと、
ほかの10カ国は、けっこう固まってるんじゃないの?とみえる。

日本といちばん立場が近そうなブルネイ、ベトナムとの相違を
@fr_toenさんの表でみてみると、
「特許:特許性クライテリア」(BN,VN:反対; JP:保留)
「特許:新利用への保護拡大」(BN,VN:反対; JP:保留)
「著作権:ISP(チリ提案)」(BN,VN:賛成; JP:保留)
「商標:匂いの商標の導入」(BN,VN:保留; JP:反対)
「地理的表示:他の条約で認められた……」(BN,VN:反対; JP:保留)
「地理的表示:翻訳された地理的表示の……」(BN,VN:反対; JP:保留)
「地理的表示:地理的表示の存在が……」(BN,VN:反対; JP:保留)
となる。

それが日本にとってどうかということは置いておいて、
どちらかが保留にしているこれら7イシューで
ブルネイ、ベトナム、日本が歩調を合わせたら、
知財に関しては3カ国が団結できることになる。

さて、乱暴にもそういうことができたとして、
つぎに立場が近そうなのはチリ、マレーシアになる。

「地理的表示:ブランドを通じた商標の保護」(CL:賛成; BN,VN,JP:反対)
「執行:新刑事法要素」(MY:賛成; BN,VN,JP:反対)
と主張が対立するので、これらをまとめるのは、ちと難しいかもしれない。
けど、マレーシアに折れてもらえたら4カ国がまとまり、
「地理的表示:ブランドを通じた商標の保護」(CL:賛成; BN,MY,VN,JP:反対)
という構図になる。
このイシューでチリにも折れてもらえたら5カ国がまとまる。

そうすると次に近いのはメキシコで、その相違点は、
「著作権:技術的保護手段」(MX:賛成; CL,BN,MY,VN,JP:反対)
「国内法の扱い:TRIPSの……」(MX:保留; CL,BN,MY,VN,JP:賛成)
となる。

この2イシューでメキシコが折れて、
はじめて半数の国が一致という情勢ができる。

ごく単純化された表のうえで考えているだけなのだが、
ここまででも実現は限りなく難しそうだ。

結局のところは、この交渉は参加国が多いうえに、
意見の違うイシューが多すぎるのだ。

なんだかんだいっても、
「おまえの国は、誰が守ってやってると思てんねん、おら〜」
的な、パワーバランスが、最後にはものをいうのだろう。

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

やまだしょうじ

Author:やまだしょうじ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
429位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
社会科学
14位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。